平岩建設のベトナム進出支援サービス

「日本人技術者が常駐」「全て日本語でのコミュニケーション」

品質管理、スケジュール管理など、しっかりと日本クオリティで現場対応を致します。
現地での打ち合わせも日本語報告書も日本語で提出致します。

「合弁会社なのでベトナム現地企業のノウハウを最大限に引き出せる!」

ベトナム企業との合弁で現地法人を設立しました。
平岩建設のもつ「日本クオリティ」と、ベトナム企業のもつ「現地のノウハウ」を融合させ、
ベトナム進出をベストな形でスムーズにサポート致します。

日本クオリティ×現地ノウハウ=高品質×スムーズ

「大手日系ゼネコンより安価に!」

ベトナム進出支援サービスの流れ

事前調査

  • ★ 事業に最適な工業団地・土地選定のサポート
  • ★ 必要な許認可申請等もサポート

ベトナムには大きく分けて南北に300近い工業団地が存在します。
すべての工業団地を視察し、自社に適した物件を探すのは時間、コスト、人員的にも困難です。
南北どちらが最適か、数ある候補地からどこを選ぶべきか、豊富なローカル情報とネットワークを通じて精度の高い提案を致します。

POINT!
全て日本クオリティ

基本設計・概算見積・工程計画

基本計画策定に必要な図面、概算見積、工程案の作成

契約・実施設計

契約後、お客様の要望と計画地の特性を踏まえ、コストパフォーマンスの高いプランを提案

施工

品質・コスト・工期・安全・環境に配慮した適切な現場管理

アフターメンテナンス

完成後も当社基準に基づいたアフターサービスを実施
増改築・リニューアル・大規模修繕等にも対応

レンタル工場への進出サポート

いきなり工場を建てるのは心配、という企業様には、レンタル工場への進出をサポート致します。
(レンタル工場の場合は日本人技術者による巡回管理となります)

ベトナムへ進出するチャンス

ベトナム進出失敗例

失敗例1. 安いローカル企業へ発注

特に設計時のコミュニケーションや、契約内容の把握は重要です。日本と違い、仕様が変わる度に工事費もどんどん増えていきますし、トラブル時に言葉の問題で泣き寝入りしてしまうケースも見受けられます。

失敗例2. 日本人スタッフのいるローカル企業へ発注

日本の品確法のような手厚い法整備はありません。一般的に瑕疵保証は1年程度で、以後はすべて有償での対応となります。初期コストを安価に抑えられても、改修費用がかさみトータルコストで割高になるケースも見受けられます。

失敗例3. 日系ゼネコンへ発注

日本人担当者がいても、ベトナム人の現場監督をマネジメントするだけでは日本クオリティにはなりません。

ベトナムマップ